前へ
次へ

労働相談を受けるために

労働相談を受ける際に給与の提示を高く設定することは当たり前ですが、会社のためにできることを具体的に伝えてそれを業務化していかなければなりません。
修理工に向くのであれば、物件の修理工を行うべきですし、オーナーとの交渉に向くのであれば、交渉しなければなりません。
そういったことができなければ借主は貸主に永遠にお金だけを搾取され続けてしまう、ということが発生します。
労働相談を受ける際、人と交渉ができる場合もその旨伝えて取引がスムーズにできるように現場を整えてくことが必要です。
事業所が借りているような物件は融通が利くところです。
そのため、業者はなかなか手放せません。
次の商売につながりやすくなるようです。
個人取引では優良物件に住むことは難しいようです。
そのため、空き室だらけになります。
大手有名賃貸物件では、どの物件に住もうとしても空き室が少ない、という状況が多発します。
企業が使い抜く、ということも多発します。

Page Top