前へ
次へ

労働相談を受けるために用意しておきたいこと

労働相談は民間企業で定期的に行われますが、自分の印象を企業によく見せるために、金額アップは具体的な数値を指定できるようにしておくべきです。
労働の対価はお金ですので、それ以外の要求をしてしまうと退職することになってしまいます。
ミスマッチが発生しているようです。
労働相談の中でできるのは給与の交渉のみと考えてよいでしょう。
給与については、実は上司が自分自身より給与が低かったということが発生しやすいようです。
正社員業務を行う際、正社員よりアルバイト社員の方が給与が高くなることがあるのですが、そのことと同一です。
アルバイト社員は長く働けば給与が高くなる傾向ですので、残業する必要があれば指摘し、積極的に残業することでお金を得ることができます。
最近、残業がつかない、という風潮が多いようですが、勤務時間外に仕事をしてしまうと違法残業になってしまうため、できるだけ残業はつけるようにしましょう。
お金を得ることは難しいことではありません。

Page Top