前へ
次へ

労働相談を受けるときには

地方と都会では、どちらが労働相談を受けやすいか、と考えることがありますが、都会です。
都会では労働相談とは肩たたきのような扱いでありますが、田舎だとリストラという概念がほとんどないため、ほとんどのケースで仕事は継続します。
田舎の場合は国の請負という形式で事業を進めていくことが多く、民間企業として働けるとしても東京都のみであると考えられます。
そのため、地方ではいきなり企業が取引停止になる、ということが考えにくいのが特色として挙げられます。
国が運営元であるため、少人数の企業でも倒産しにくいのが現状ですが、民間企業として成り立っておらず、よその企業との関わりが持てない、ということが一般的です。
そのため、エンドクライアントは個人になってしまうようです。
自営業のような扱いで仕事をしていく場合、資本金を多めに設定する必要があるため、揉めやすくなります。
外から人を雇用しにくいというような状況が続くと考えらます。

Page Top