前へ
次へ

労働相談を受けるときに気を付けたいこと

労働相談を受けるときに相談したいこととして、今のベースで仕事を進めていくために給与を上げてほしい、といった内容を説明できるか、ということが挙げられます。
地方で勤務する場合、安月給になりやすいため、相続税問題や葬儀問題等、解消できない場合があります。
正社員勤務をして仕事を進めながらアルバイト業務を副業としてやっていく、ということが勤務スタイルになりやすいです。
田舎で正社員勤務一筋ではやっていけない、ということです。
ですが、体を壊しやすくなっていくことがデメリットです。
労働相談を受けたときに仕事をしていて兼業をしていたがために会社の業績が落ちてしまった、という場合に、若くて優秀な人に変えてしまうケースが出てくると思います。
兼業で仕事をして、正社員業務が進められなくなってしまうという、副業破産状態にならないようにするために、体調管理に気を付けたいところです。
相談を受けた場合、退職を迫られるケースがあることに注意しましょう。

Page Top