前へ
次へ

労働相談は内容により適した相談先を選ぶ

働いている会社との間で何か問題が生じどこかに相談したいという場合、その先の一つとして挙げられるのが「労働基準監督署」です。
しかし、自分のトラブルは労働基準監督署に相談すべき事なのか、相談したらどんな対応がしてもらえるのか、いまひとつ分からずためらっている方もいるようです。
一口に労働相談といってもその内容は様々ですので、トラブルによっては労働基準監督署への相談が不向きなものもあります。
そもそも、労働基準監督署は労働問題なら何でも解決できるという機関ではありません。
労働基準法に則り法令に違反をしている場合への対応が主たるものとなっているからです。
従って、労働相談をする前に自分のトラブルが労働基準監督署の機能に適したものなのかを知っておく必要があります。
分かりやすく言えば、労働基準監督署に相談すべき労働問題は「法令違反があるもの」で、「法令違反とはいえないもの」「セクハラ・パワハラなど」「違反かどうかの判断がつきかねるもの」については「労働局」への相談が適しているということになります。

Page Top